今、畑では可愛いい赤ちゃんの実を付けだしかけているズッキーニやオクラ達……

近くにはカエル君達に見守られてすくすく育っています。

ツルむらさきやささけ等も暑さに負けず育っています……

夏場……凄い照りつけ…野菜達も水分不足になります。しっかりと畝のの上や畝の谷にしっかり沢山の敷き草を敷いてあげることで乾かす水分を止めておける事と土の表面が固くならず、除草効果もあると同時に益虫の住みかとなり作物を悪い虫から守ってくれます。

辺りの野草を刈って畑に敷き詰めましょう。

敷き草の威力は、まだ有ります。それは、敷き草に含まれるミネラル分が土の中に吸収される為、作物も其を吸収し元気に育つと共に私達も其を頂く事で又、ミネラルを補給出来ると言う訳です。素晴らしい事です。

スーパーで売られている野菜は従来含まれている栄養素が半分位と言われています。除草剤や農薬の散布により土の中のミネラル分が破壊されて行くからです。悲しい😖事です。

草の根にはいろんな菌達や微生物が集まっています。その菌バランスにより作物の病気等が関わって来ます。いい菌が沢山いると病気から守ってくれると言う訳です……
だから、除草剤や農薬等を使う事により菌や微生物がいなくなってしまうような事は避けたいものです。